女医

自宅で資格の取得が可能|医療事務は主婦にも人気

このエントリーをはてなブックマークに追加

病院から奨学金を受ける

聴診器

病院奨学金は、一般的に学費が高い看護系の専門学校や大学の学費を病院に全額またはその一部を貸与してもらう制度です。病院によっても、制度の内容や条件は違ってくるので自分が希望する制度や適した制度を明確にして選ぶと良いです。

もっと読む

主婦の方に人気

勉強道具

自宅で学習

医療事務の資格は自宅での学習が可能なうえに、通信講座等を使用すれば、自宅での受験も可能となっています。自宅で学習、受験ができる資格なので、子育てをしている真っ最中の主婦の方や、女性の方に人気です。資格を取ってしまうことで、直接就職につなげることができるのも魅力的と言えるでしょう。通信講座等で学習、受験できるので、セミナーや専門学校に通う事もなく、コストの面で見ても、他の資格よりも安く済むのが大きなメリットです。また、学習期間についても、1年や2年かけて取得するようなタイプの物ではありません。そのため、比較的取得しやすい資格であるのも主婦や女性にとっては大きなメリットであり、人気の要因です。

実務が重要

医療事務の資格は、先ほど記述したように、取得については、他の資格に比べて取得しやすい資格になります。しかし医療に関する法律や制度の改正が数年に一度のペースで行われるため、資格の有無よりも、実務経験が重要視される場合が多くあります。就職や転職する際に、募集の広告の中に実務経験何年以上という表記をしているものがほとんどです。そのため、実務経験が長い方は転職においても非常に有利になり、職に困ることはあまりなくなります。しかし一方の今から医療事務の仕事を始めようという方にとっては、なかなか職を見つけるのが難しいのが現実です。そのため、多くの求人に応募してみて、まずはどんな所であっても、医療事務の経験を積むことが将来のために重要になります。

看護師は学校選びも大事

ナース

医療分野は人材不足なので、看護師になろうと考えるのは良い選択です。看護学校は誰でも入れるようなところではなく、偏差値が高いところを選ぶべきです。偏差値以外では、実習の時間が多く取られているか、待遇や労働環境が整った就職先があるか等をチェックして選んでください。

もっと読む

病院で働くには

男性

医療系の専門学校には様々なコースが設置されているので、就職を希望する職種に合わせて学科を選ぶべきです。進学後は就職を重視して学ぶ姿勢が大切であり、国家資格の取得に向けて、十分な支援が受けられる学校であれば安心して学べるでしょう。

もっと読む