体の抵抗力を高める

体の抵抗力を高める

年齢を重ねてくると、かぜなどの軽い病気でも重症化することがあります。それは体の抵抗が弱っていることが原因です。若い頃は抵抗力が強く、ウィルスが体内に侵入してもやっつけることができていましたが、抵抗力が衰えてくると、以前なら感染しなかったような病気も感染することがあります。

 

また、抵抗力はストレスや疲れなどからも弱まることがあります。普段ならかかることがないような病気でも、このような状態の時に体内に真宗されると、たちどころに感染してしまうものです。

 

体の抵抗力を高めるためには、食事に気を付ける必要があります。野菜や果物なども食べて、バランスをとることで、抵抗力が弱まることを防ぐことができます。

 

また、体を動かして、血の巡りを良くすることでも抵抗力は高まります。体の隅々まで新しい地を送り届けることで、新陳代謝を促し、体が丈夫になります。

 

しかし、どのような予防をしても抵抗力以上に強力なウィルスの前にはなすすべもありません。そんな時には予防薬を使用するといいでしょう。インフルエンザなどの予防薬などは一般的に普及しており、毎年摂取する人もいるでしょう。

 

どうしても仕事や済むことができない人などは、まず抵抗力を高める生活を行い、それでも不安だというときには、生薬や漢方薬で体調を整えることです。予防薬を使用するのもさらに体を守る手段だといえます。